FOLLOW US

先制点を挙げた横浜FM兵藤慎剛「ゴールはみんなのおかげ」

 天皇杯準決勝が29日に行われ、横浜F・マリノスサガン鳥栖が対戦。横浜FMが2-0で勝利を収め、1992年以来、21年ぶりとなる決勝進出を決めた。

 先制点を挙げたMF兵藤慎剛は試合後、以下のようにコメントした。

「鳥栖がシーズンの後半にずっと調子が良くて、乗っているチームだったから嫌な相手だと思っていた。だから厳しい試合になると思っていた。その通りになったけど、僕らの経験のほうが勝っていた。僕らが2年連続ここで負けている経験が生きたかなと」

「前半は僕らのほうが良かったけど、鳥栖はロングボールからセカンドボールを拾うやり方を徹底していたので、サッカーをさせてもらえない時間があったけど、よく我慢できたなと。ここまで失点が続いていたけど、ゼロで抑えてよく勝てたなと思う。リーグ戦の最終節で負けた直後はメンタルが落ちていたけど、サッカーの悔しさはサッカーでしか晴らせないから」

「(ゴールシーンについて)自分の奥にクサビが入った時にフジ君(藤田祥史)がいて絶対に落としてくれると思ったので、ゴール前だったので強いシュートはいらないと思った。奈良輪(雄太)が自分を飛ばした段階で、落としてシュートのイメージがあった。シュートはゴールのファーが空いていたのでそこを狙えば入ると思っていた。落ち着いていたと思うし、みんながここまで運んできたおかげ」

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA