FOLLOW US

2009年から岐阜所属のMF染矢一樹、岡山へ完全移籍決定

岐阜FW染矢一樹(中央)が岡山へ完全移籍 [写真]=Getty Images

 FC岐阜所属のMF染矢一樹が、ファジアーノ岡山へ完全移籍することが決まった。27日に両クラブが発表した。

 染矢は1986年生まれの27歳。奈良産業大出身で、2009年に岐阜に加入した。今シーズンは、リーグ戦38試合出場10得点、天皇杯1試合出場1得点を記録した。

 移籍にあたり、染矢は岐阜に対して、「岐阜の皆さんへ。2009年3月25日ザスパ草津戦で決めたゴールから始まり、2013年11月24日カターレ富山戦にあの時と同じような時間、同じようなゴールを決めて、サッカーの神様に『岐阜での冒険は終わったんだよ』と言われているような気がしました。ここでは一生、忘れる事の出来ないたくさんの思い出が出来ました。皆さんの前で直接、挨拶が出来なくて本当に申し訳なく思っています。来年ファジアーノ岡山の一員として長良川でFC岐阜と対戦するのを楽しみにしています。5年間本当に、本当にありがとうございました」と、コメント。

 加入する岡山に対しては、「この度、FC岐阜から移籍してきました、染矢一樹です。チームの勝利や、J1昇格に向けて誰よりも走り、その上でゴールやアシストといった結果を残せるように頑張ります。皆さんの前で、カンスタでプレーすることを今から楽しみにしています。応援よろしくお願いします」と、抱負を語った。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA