FOLLOW US

京都新監督に元イラン代表指揮官のビエイラ氏が就任

 京都サンガF.C.は28日、2014シーズンの新監督にバルディエール・バドゥ・ビエイラ氏が就任したと発表した。クラブ公式HPが伝えている。

 1944年生まれのビエイラ氏は、1987年に指導者キャリアをスタート。イラン代表やコスタリカ代表、中東のクラブチームなどの監督を歴任し、2006年からは長野エルザサッカークラブ(現AC長野パルセイロ)の指揮官も務めた。今シーズンは、ヨルダンのアル・ラムサを率いていた。

 ビエイラ氏は指揮官就任に際し、クラブ公式HPを通じて以下のように語っている。

京都サンガF.C.で仕事ができることに対して、感謝の気持ちでいっぱいです。そして大変うれしく光栄に思っています。サポーターの皆さまをはじめ、サンガを支えてくださっている全ての皆さまとともに、不死鳥のごとく羽ばたいていけるように頑張っていきたいと思います。どうぞ宜しくお願いいたします」

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA