FOLLOW US

川崎MF登里が関節三角骨障害…右足首の手術で全治約6週間

右足の手術を受けた登里(左) [写真]=Getty Images

 川崎フロンターレは26日、MF登里享平が右足首の手術を受けたことを発表した。

 登里は、かねてから右足首を痛めており、川崎市内の病院で精密検査を受けた結果、右足関節三角骨障害と診断された。同選手は25日に手術を受けており、28日に退院する予定。全治約6週間と見られている。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO