FOLLOW US

磐田DF安田理大が鳥栖へ完全移籍「更にビッグになれるように」

鳥栖への完全移籍が決まった磐田DF安田理大(左) [写真]=Getty Images

 ジュビロ磐田所属のDF安田理大が、サガン鳥栖へ完全移籍することが決まった。26日に両クラブが発表した。

 安田は1987年生まれの26歳。ガンバ大阪の下部組織出身で、2006年にトップチームに昇格した。2011年にフィテッセへ移籍し、今年9月に磐田へ加入。今シーズンは、リーグ戦7試合出場を記録した。

 移籍にあたり、安田は磐田に対して、「ジュビロ磐田を愛する皆さん、この度、僕はジュビロ磐田からサガン鳥栖に移籍することを決めました。9月からジュビロをJ1に残留させるための助っ人として加入しましたが、助っ人としてその使命を果たせなかったことに凄く責任を感じています。ごめんなさい。でも、どんなに苦しい状況の中でも応援してくれたサポーターの皆さんには本当に感謝の言葉しかありません。心からありがとうございます。J2に落としておきながら移籍するのは本当に心苦しいですが、これからのサッカー人生を考えに考えた結果、今回の移籍を決断しました。僕はジュビロに移籍して後悔は一つもないし、ジュビロは一生心にあるチームです。一サッカー選手としての安田理大をこれからも応援してもらえると凄く嬉しいです。このような短い文章で僕の気持ち全てを伝えることは出来ませんが、ジュビロ磐田でお世話になった全ての人へ…本当にありがとうございました」と、コメント。

 加入する鳥栖に対しては、「この度、サガン鳥栖に加入することになりました安田理大です。サガン鳥栖も僕自身も更にビッグになれるように全力でプレーします。サガン鳥栖を愛する皆さん、応援よろしくお願いします」と、抱負を語った。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO