FOLLOW US

長崎MF奥埜博亮、仙台からの期限付き移籍期間延長が決定

 ベガルタ仙台からV・ファーレン長崎へ期限付き移籍で加入しているMF奥埜博亮について、期限付き移籍期間を延長することが決まった。25日に両クラブが発表した。

 24歳の奥埜は、仙台大学から2012年に仙台に加入。今年7月から長崎に期限付き移籍で加入し、リーグ戦16試合出場3得点、天皇杯1試合出場を記録した。

 期限付き移籍期間延長にあたり、奥埜は所属元の仙台に対して、「来シーズンもV・ファーレン長崎でプレーすることになりました。来シーズンは、選手として、人として、より成長し仙台に帰った時に中心選手として必要とされるよう頑張るので、応援よろしくお願いします」と、コメント。

 長崎に対しては、「来シーズンも長崎のみなさんと共に闘うことになりました。今年はJ1に昇格することができず悔しい思いをしたので、来年はJ1昇格に貢献できるよう、より一層努力し、成長したいと思うのでこれからも応援よろしくお願いします」と、抱負を語った。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO