FOLLOW US

松本DF犬飼智也、清水からの期限付き移籍期間延長…今季途中加入

 清水エスパルスから松本山雅FCへ期限付き移籍で加入しているDF犬飼智也について、期限付き移籍期間を延長することが決まった。25日に両クラブが発表した。新たな契約期間は2014年2月1日から2015年1月31日まで。

 20歳の犬飼は、清水の下部組織出身で、2012年にトップチームに昇格した。今シーズンは、ヤマザキナビスコカップ2試合に出場。今年7月に松本へ期限付き移籍で加入した後は、リーグ戦21試合出場3得点、天皇杯2試合出場を記録した。

 期限付き移籍期間延長にあたり、犬飼は所属元の清水に対して、「松本山雅FCでもう1年チャレンジさせていただくことになりました。今季は慣れ親しんだエスパルスを離れ不安もありましたが、松本で自分にとってプラスになるシーズンを送ることができました。今季より多くの試合に出て、結果にも質にもこだわり、より自分を高めていけるよう努力するので、これからもサポートをよろしくお願いします」と、コメント。

 松本に対しては、「引き続き松本山雅FCでプレーさせていただくことになりました。今季は途中から加入させていただきましたが温かく迎えてもらい、松本山雅がすごく好きになりました。松本に来て充実した日々を送ることができ、心身共に成長することができたと思っています。個人としてより成長するのと同時に、自分の力でチームをより強くすることができるように精一杯努力していきます。来シーズンも多くのサポートをよろしくお願いします」と、抱負を語った。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO