FOLLOW US

松本FW長沢駿が期限付き移籍期間満了、清水へ復帰

 清水エスパルスから松本山雅FCへ期限付き移籍しているFW長沢駿について、移籍期間が満了したことを両クラブが25日に発表した。長沢は清水へ復帰する。

 長沢は1988年生まれの25歳。清水の下部組織出身で、2007年にトップチームに昇格した。2011年はロアッソ熊本へ、2012年に京都サンガF.C.へ期限付き移籍を経験。今シーズン、松本に期限付き移籍で加入し、リーグ戦32試合出場3得点を記録した。

 期限付き移籍期間満了にあたり、長沢は松本に対して、「来シーズン清水エスパルスに復帰することになりました。今回の移籍は自分自身かなり悩みました。松本山雅で何も結果を残してないのにこのままチームを離れていいのか。自分なりに必死に考えました。でもJ1でチャレンジしたいという気持ちがずっとあった自分の思いを尊重することに決めました。色々考えはあると思いますが、結果を出して清水エスパルスのチーム、サポーター、そして松本山雅のチーム、サポーターへの恩返しが出来るように頑張ります!一年間でしたが本当にありがとうございました。アルウィンで松本山雅でプレー出来て本当に良かったです。最後に松本山雅のサポーターの皆さん、大好きです」と、コメント。

 復帰する清水に対しては、「清水エスパルスに復帰することになりました。3年間期限付き移籍をさせていただき、成長した自分を見せられるように頑張って結果を残し、エスパルスに恩返しできるように頑張ります!応援よろしくお願いします!」と、コメントしている。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO