2013.12.22

リーグ連覇の広島、PK戦制して2冠へ向け天皇杯準決勝進出

 天皇杯準々決勝が22日に行われ、サンフレッチェ広島とヴァンフォーレ甲府が対戦した。

 J1連覇を達成した広島は、優勝決定後初のホーム戦に臨むと23分、水本裕貴からの縦パスを受けた佐藤寿人が、左足アウトサイドでのファーストトラップで絶妙のコントロールを見せ、ボールを浮かせて自身の前方へ運ぶと、そのまま右足のダイレクトボレーで決めて、先制する。直後には、森崎和幸のミドルシュートがクロスバーを叩くと、こぼれ球を石原直樹も狙うが、このシュートもポストを直撃してしまった。

 一方の甲府は前半終了間際の45分、崔誠根の左クロスを河本明人がヘディングで合わせようとすると、競りかけた広島DF千葉和彦に当たって、ゴールが決まり、同点として折り返す。

 後半に入り、高い位置からのプレッシャーで甲府がペースを掴むと、69分には河本がミドルシュートで狙ったが、クロスバーに当たってゴールとはならなかった。一方の広島も72分に前線へ持ち上がった塩谷司がエリア内右から強烈なシュートを放つが、こちらもポストに当ててしまう。

 85分に甲府は、石原克哉が右サイドからドリブルで仕掛け、エリア内に侵入すると、クロスを受けた柏好文が反転からゴール正面至近距離でシュートするが、GK西川周作の好セーブに阻まれた。90分を終え、1-1のまま延長戦へもつれ込む。

 延長戦は広島が押し込み展開が続くが、甲府がしのぎ、勝負はPK戦へもつれ込む。先攻の甲府は2人目の福田健介と4人目の水野晃樹、広島は4人目のミキッチが失敗。迎えた甲府5人目のキッカー、マルキーニョス・パラナが失敗し、広島がPK戦を3-2で制して準決勝進出を決めた。

 29日の準決勝で広島は、FC東京と対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
58pt
川崎F
52pt
柏レイソル
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
70pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
沼津
45pt
秋田
44pt
栃木
43pt
Jリーグ順位をもっと見る