2013.12.16

新潟GK東口順昭がJ1復帰のG大阪へ完全移籍「何事も全力で」

東口順昭
G大阪への完全移籍が決まった新潟GK東口順昭 [写真]=Getty Images

 アルビレックス新潟所属の日本代表GK東口順昭が、ガンバ大阪へ完全移籍することが決まった。16日に両クラブが発表した。

 東口は1986年生まれの27歳。新潟経営大から2009年に新潟に加入し、在籍5シーズンでリーグ戦84試合、ヤマザキナビスコカップ10試合に出場、キャリア通算で天皇杯4試合に出場している。今シーズンはリーグ戦21試合と天皇杯1試合に出場した。

 移籍にあたり、東口は新潟に対して、「ガンバ大阪に移籍を決断しました。 大学3年からこの新潟という土地に来ることができ感謝しています。サポーターの皆さん、スタッフ、チームメート、大学関係者、また、アルビレックス新潟にスカウトしてくださった鈴木健仁さんには、助けられ、励まされ、支えられた7年間でした。けがをして迷惑をかけた時期が長く、それでも変わらず大きな声援で迎えていただいた、愛していただいたことは一生忘れません。この決断は、自分の評価が決して高くない所、一からのアピールを必要とする場所でチャレンジしたいと強く思ったためです。居心地の良い大好きな新潟を離れ、新しい土地で挑戦したい、そのタイミングは今しかないかもしれないと。みなさんもご存知の通り、僕はエリートではありません。中学を卒業する際はユースに昇格することができませんでしたし、高校サッカーの全国大会の切符を手にすることもできませんでした。大学2年の時に当時所属していたチームを離れることになり、新潟経営大学に拾っていただき、プロになってからも何度もケガをし、いまこうして振り返ってみても挫折ばかりです。しかし、これまでのサッカー人生を通して諦めない気持ち、何度挫折しても必ず這い上がるんだという信念が生まれました。僕がサッカーを通して伝えられるのはそこだと思うし、そのためには常に挑戦し、逆境の中で成長し続けることが必要です。自分勝手な決断にも関わらず、できる限りの慰留をしていただき、最終的に受け入れてくれたクラブに本当に感謝しています。応援してくださった新潟の家族、サポーター、仲間、スタッフの皆さんに本当に感謝しています。ありがとうございました」と、コメント。

 加入するG大阪に対しては、「この度ガンバ大阪に加入させて頂く事になりました東口順昭です。初めての移籍ですが、チームの勝利のため何事も全力で一からチャレンジし、貢献していきたいと思います。よろしくお願いします」と、抱負を語った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
3pt
ハダースフィールド
3pt
マンチェスター・C
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レガネス
3pt
バレンシア
3pt
アスレティック・ビルバオ
0pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
91pt
ローマ
87pt
ナポリ
86pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
46pt
C大阪
44pt
横浜FM
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
59pt
福岡
55pt
名古屋
49pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
富山
35pt
沼津
34pt
Jリーグ順位をもっと見る