FOLLOW US

長崎GK金山隼樹が札幌へ完全移籍…今季リーグ戦39試合出場

長崎GK金山隼樹が札幌へ完全移籍 [写真]=Getty Images

 V・ファーレン長崎所属のGK金山隼樹が、コンサドーレ札幌へ完全移籍することが決まった。11日に両クラブが発表した。

 金山は1988年生まれの25歳。サンフレッチェ広島ユースから立命館大に進み、2011年に長崎へ加入した。今シーズンは、J2で39試合、天皇杯1試合、J1昇格プレーオフ1試合に出場した。

 移籍にあたり、金山は長崎に対して、「今回、コンサドーレ札幌に移籍することとなりました。自分を拾ってもらい、自分の夢であったJの舞台にも立たせていただき、また、こんなに温かいサポーターの皆さまや県民の皆さま、スポンサー様に支えられ、応援していただけるチームでサッカーが出来たことを本当に幸せに思っています。新たな場所でチャレンジし、人としてもプレーヤーとしても今以上に成長するために日々全力で取り組んでいきますので、これからも応援をよろしくお願いします」と、コメント。加入する札幌に対しては、「V・ファーレン長崎から加入することになりました、金山隼樹です。やるしかないという気持ちで北海道に来ました。チームの目標に向けて、全力で頑張りたいと思います。気軽に声をかけてもらえたら嬉しいです。よろしくお願いします」と、抱負を語った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO