FOLLOW US

個人賞3部門受賞のC大阪FW柿谷曜一朗「全部うれしい」

[写真]=足立雅史

 2013年のJリーグを締めくくる「2013 Jリーグアウォーズ」が10日に開催され、各賞が発表された。

 セレッソ大阪の日本代表FW柿谷曜一朗は、最優秀ゴール賞とフェアプレー個人賞、ベストイレブンの3冠を獲得。柿谷は受賞について、以下のようにコメントした。

―3回も登壇したが?
「そうですね、楽しかったです。全部うれしいです。(フェアプレー個人賞は欲しいと言っていたから)(佐藤)寿人さんと並ぶことができてうれしかったです」

―1年やってきたことが報われたという感じがするのか?
「報われてはいないですね。やっぱり優勝したかったので。いろいろな賞をもらえることはうれしいですけど、僕たちの目標は達成できなかったので」

―21点を取って、森島(寛晃)さんの得点記録を抜いたが、何か思いはあるか?
「まあ、いろいろありますけど。(具体的には)嫌です。まあ、5点がPKでしょ(隣で取材を受ける川崎フロンターレの元日本代表FW大久保嘉人に対して)。同点ですからね、実質(大久保は26得点で得点王を受賞)。『えいやっ』みたいなロングシュートばっかりでしょ(笑)」

―でも、大久保選手は曜一朗君たちに(得点数で)追われていることで、ものすごくプレッシャーを感じていたらしいが?
「そう、だから良かったですね。(大久保が得点王を)取れてね。何か車を買うらしいですよ、ご褒美で。嘉人さんが(得点ランキングの上に)いても、追いかける気持ちにならないです。勝手にいるし」

―今年はすごく大きな飛躍があったと思うが、振り返ってみて収穫と課題は?
「いっぱいありますけど、とりあえず一回休ませてください。いや、これからまだ大変なことはいっぱいあると思うので。とりあえず、1月くらいかな。それまでは、まだチャリティもありますし、まだまだ休む時期ではないので。楽しかったです、今日は」

Jリーグ観るならDAZN!
期間限定2カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA