FOLLOW US

目前で逃した優勝に横浜FMのFW齋藤学は言葉少なく「それが現実」

 J1第34節が7日に行われ、川崎フロンターレ横浜F・マリノスが対戦。54分にレナトが挙げた先制点が決勝点となり、川崎が1-0で勝利した。横浜FMは最終節でサンフレッチェ広島に逆転され、9年ぶりのリーグ優勝を逃した。

 試合後、横浜FMのFW齋藤学、FWマルキーニョス、GK榎本哲也は以下のようにコメントしている。

齋藤学
「次に向けて切り替えていかないといけない。しょうがない。それが現実なので。次、天皇杯があるから…」

マルキーニョス
「悲しいゲームだった」

―優勝するチャンスが2試合あった中でそこに届かなかったのは?
「ピッチの中で選手たちはできるだけのことをやったけど、中でプレーしているだけでは見えないものがあったのかもしれない。そういうところは今後修正していかないといけない」

■榎本哲也
「勝負強さがなかった。この状況の中で優勝したかった。残念という気持ちしかない。点が入っていれば変わっていたと思うけど踏ん張れなくて、流れをつかめなかった」

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA