FOLLOW US

26ゴールで得点王の大久保嘉人「父のこともあり今年取りたかった」

 J1最終節が7日に行われ、川崎フロンターレ横浜F・マリノスが対戦。ホームの川崎が、レナトのゴールで1-0と勝利を収めた。

 自己最多の26ゴールを挙げ、初のJ1得点王に輝いたFW大久保嘉人は、試合後に以下のようにコメントした。

「勝てたことが嬉しいし、プラスでACLも嬉しかった。マリノスはプレッシャーを感じていたと思う。俊さん(中村俊輔)が前に来ず、下がってくれていたのでよかったです。前にいると怖いですし」

「僕たちは特にプレッシャーも感じていなかったし、後半は、いけるなと思っていた」

「ただ、今日はマリノスのDFがベタづきだったので難しいと思っていたが、そのぶん、レナトたちが走ってくるから、使おうと思っていた」

「得点王は、(5月に亡くなった)父のこともあり、今年取りたかった。チャンスを逃さず、決められたことが大きい。終盤は相手のDFがバテてくるし、常にゴールは狙っていた。終盤に嫌だと思われる選手でいたい」

「フロンターレ加入1年目で、この結果を残せて、来年はもっとできるんじゃないかと楽しみながら、シーズンに臨みたい」

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA