FOLLOW US

今季で退任のFC東京ポポヴィッチ監督「思い出は一生消えない」

 J1最終節が7日に行われ、FC東京とベガルタ仙台が対戦した。ホームのFC東京が、ルーカスと平山相太のゴールで、2-0と勝利を収めた。

 試合後、今季限りで退任するFC東京のランコ・ポポヴィッチ監督は、以下のようにコメントした。

「皆さんこんばんは。長い間この瞬間に何を言おうか考えていたんですが、すっかり忘れてしまいました。今までもそうですが、皆さんの前で挨拶する時は、その時感じたことを伝えてきました。今日もこの気持ちを、今感じているものをストレートに伝えたいと思います」

「私が就任して2年間経つわけですが、来季の契約は延長しないということで、来季は皆さんとこの場でこのチームで会うことはできません。でも、皆さんとの間にある愛情とリスペクトはいつまでも続いていきますし、私の心の中に皆さんとの思い出は残って一生消えないと確信しています」

「本当にここまでサポートしていただいたスポンサー各位にも感謝したいと思いますし、私を支えてくれた現場のスタッフやクラブのスタッフ、FC東京に関わるすべての人に本当に感謝したいと思います。本当に素晴らしいスタッフに囲まれて、ここで過ごした時間はとても幸せでした。現場のスタッフ、クラブのスタッフ、食堂で働く方の笑顔にいつも力をもらって、充実した素晴らしい時間を過ごさせてもらいました」

「ただ、ファン・サポーターの皆さんにはまだ『ありがとう』とは言いたくないです。まだ試合は残っています。その試合でも力をかしていただきたいです。私たちがどんなに苦しい時も、皆さんの温かい声援が力になりましたし、私たちが目指しているサッカーを理解して、そして支えてくれたことに本当に感謝しています。まだ試合は続きますから、そこで私たちとともに生きて、そしていい結果を得て皆さんに挨拶したいと思います。最後に皆さんに言いたいと思います、『ブラボー』」

「ここにいる選手たちは、私が就任してから誇りを持ってクラブのために、エンブレムを背負ってエンブレムに恥じることのないプレーを全力で見せてくれました。勝つサッカーをやるために点を取るために戦ってきてくれました。だからこそ、私の選手に彼らに、一番の『ブラボー』を送りたいと思います。正月を一緒に迎えましょう」

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA