FOLLOW US

新潟を称える横浜FMのFW齋藤学「すごくいいサッカーをしていた」

相手陣内でドリブルを仕掛ける齋藤 [写真]=清原茂樹

 J1第33節が30日に行われ、横浜F・マリノスアルビレックス新潟が対戦。ホームでの一戦に勝利すれば最終節を残して、9年ぶりの優勝を決められる横浜FMだったが、後半に川又堅碁鈴木武蔵のゴールを許し、0-2で敗れた。

 試合後、横浜FMのFW齋藤学とGK榎本哲也は、以下のようにコメントしている。

齋藤学
「簡単に勝って優勝できれば良かったけど、しょうがない。次に向かって切り替えていければいい。終わった直後は悔しい気持ちとか、勝てなかった不甲斐なさも感じたけど、次のフロンターレとの最終節で勝てば優勝なので、またこの1週間しっかり準備できればと思う。新潟がすごくいいサッカーをしていて、プレッシャーとか、チーム全体の動き方とか」

―2失点目については?
「チームがセットプレーで押し込んでカウンターだったので。相手のほうが一枚上手だった。今年はマリノスがこういう試合をやることがなかったので切り替えてやるしかない」

■榎本哲也
「新潟が強かった。前から激しいプレスを掛けてきて、それを回避しつつセカンドボールを拾えた時間帯もあったんですけど、自分たちのペースにはならずセットプレーでやられてしまった。体を張って走り続ければ結果がついてくると思っていたけど、こういう試合もあるんだなと。次に向けて気持ちを切り替えて頑張るしかない」

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA