FOLLOW US

浦和、優勝の可能性消滅…鳥栖FW豊田がハット達成で今季20点の大台

ハットトリックを達成した豊田 [写真]=東和正

 J1第33節が30日に行われ、サガン鳥栖浦和レッズが対戦した。

 首位横浜F・マリノスから勝ち点4差で2位の浦和は、必勝を期して鳥栖とのアウェーゲームに臨んだが、15分に右CKを得た鳥栖は、藤田直之が送ったボールにニアサイドで池田圭が合わせると、クロスバーに当たった跳ね返りを早坂良太が押し込んで、先制する。さらに鳥栖は37分にも金民友のパスをゴール正面で受けた豊田陽平が決めて、追加点を得る。

 前半で2点のリードを得た鳥栖は、後半の90分にもカウンターから豊田がペナルティエリア内で鈴木啓太に倒されて、PKを獲得。豊田自身が沈めて、リードを広げると、直後に浦和の那須大亮に1点を返されるが、96分にも高い位置で水沼宏太がボールを奪い、クロスを金民友がシュート。これはGK山岸範宏が弾いたが、こぼれ球を豊田が押し込み、ハットトリックを達成。豊田は今季20点目の大台となった。試合はそのまま終了し、鳥栖が4-1で勝利した。

 鳥栖は、セレッソ大阪鹿島アントラーズ、浦和と優勝を争う上位陣撃破を含めてリーグ戦4連勝を達成。敗れた浦和は、優勝の可能性が消滅した。12月7日に行われる最終節で鳥栖はアウェーでヴァンフォーレ甲府と、浦和はホームでセレッソ大阪と対戦する。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA