2013.11.30

横浜FMの9年ぶりリーグ制覇はお預け…優勝の行方は広島・鹿島含めた3チームの争いに

アルビレックス新潟
川又が決めた新潟1点目のシーン [写真]=清原茂樹

 J1第33節が30日に行われ、横浜F・マリノスとアルビレックス新潟が対戦した。

 2位浦和レッズに勝ち点4差をつけ、首位に立つ横浜FMは、勝利すれば自力で9年ぶりとなるリーグ制覇の懸かる一戦をホームで迎えた。後半戦好調の新潟は序盤から激しいプレスをかけ、前線からボールを奪いにかかる。横浜FMは9分に右サイドから兵藤慎剛のクロスに、ニアサイドへマルキーニョスが走り込んだが、わずかに合わなかった。17分に新潟は右サイドからのクロスに川又堅碁が飛び込んだが、シュートはミートできず。

 プレッシングに苦戦する横浜FMは22分に、齋藤学が左サイドからカットインし、グラウンダーのパスをファーサイドへ送ると、中町公祐がダイレクトで狙うが、シュートは力なくGK東口順昭の手に収まった。33分にはドゥトラが中村俊輔からのパスで左サイドを抜けると、クロスにマルキーニョスが頭で合わせたが、ボールはGKの正面に飛んだ。37分に新潟はゴール正面遠い位置でFKを得ると、田中亜土夢が直接狙うが、GK榎本哲也の手に収まった。前半は新潟のプレスに苦しんだ横浜FMが主導権を握れずに終える。

 57分、新潟は右サイドのゴールから遠い位置でFKを得ると、キム・ジンスがゴール前へ送ったボールは、枠へ向かって行くが、わずかに左へ外れた。横浜FMは61分にCKから相手DFのクリアボールを拾った齋藤がミドルシュートで狙うが、GK正面だった。直後にも横浜FMは左CKに飛び込んだ中澤佑二がヘディングで合わせたが、ゴール左へ大きく外れてしまった。

 後半、優勢に試合を進める横浜FMは69分にゴール正面でFKを得ると、中村が直接狙ったが、枠の右へ飛んだシュートはGK東口が腕を伸ばして弾き出した。迎えた72分、新潟は左CKを得ると、ファーサイドで競り合った栗原勇蔵のクリアボールが川又の下へこぼれると、ダイレクトで叩き込み、先制に成功する。

 82分に横浜FMは左サイドの齋藤からのクロスにニアサイドで後半途中から投入された藤田祥史が合わせたが、枠を捉えられず。アディショナルタイムにはカウンターから新潟の鈴木武蔵に決定的な2点目を決められ、万事休す。新潟が2-0で勝利した。

 優勝争いは、2位浦和がサガン鳥栖に敗れ、優勝の可能性が消滅。湘南ベルマーレに勝利し、勝ち点2差に縮めたサンフレッチェ広島と、セレッソ大阪との上位直接対決に勝利し、勝ち点3差とした鹿島アントラーズの3チームに優勝争いは絞られた。12月7日に行われる最終節で横浜FMはアウェーで川崎フロンターレと、広島はアウェーで鹿島との直接対決に臨む。

■J1上位順位表(暫定)
1位 横浜FM(勝ち点62/得失点差19)
2位 広島(勝ち点60/得失点差20)
3位 鹿島(勝ち点59/得失点差10)
4位 浦和(勝ち点58/得失点差13)
5位 C大阪(勝ち点56/得失点差18)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る