FOLLOW US

広島、連覇遠のく敗戦…柿谷アシストのC大阪は優勝にわずかな望み

 J1第32節が23日に行われ、セレッソ大阪サンフレッチェ広島が対戦した。

 首位横浜F・マリノスを勝ち点6差で追いかけるC大阪、同2差で追いかける広島と逆転優勝のため、負けられない両チームの対戦。日本代表として欧州遠征を戦っていたC大阪の柿谷曜一朗、山口螢、広島の西川周作は先発出場を果たした。

 試合は16分、C大阪が左CKを得ると山下達也がヘディングで合わせたが、GK西川が弾き出した。一方の広島は27分に、森崎和幸の縦パスをDFを背負って受けた石原直樹が反転からシュートを放ったが、力なくGKキム・ジンヒョンが抑えた。C大阪は40分、左足の負傷から復帰戦となった藤本康太が同箇所を痛めて、茂庭照幸との交代を余儀なくされる。

 後半に入り50分、広島は森崎、高萩洋次郎と縦にパスをつなぎ、最後はペナルティエリア内で佐藤寿人に決定機が訪れるが、左足のシュートは枠の上へ外れた。一方のC大阪は52分、ペナルティエリアやや外でパスを細かくつなぐと、柿谷のスルーパスをエリア内左で受けたシンプリシオが決めて、先制に成功する。

 ビハインドを背負った広島は同点を目指すが、得点を挙げることができず、C大阪が1-0で勝利した。広島は首位横浜FMが勝利したため、リーグ残り2節で勝ち点差が5へ拡大。リーグ連覇は厳しい状況となった。C大阪は首位から勝ち点6差の4位となり、わずかながら逆転優勝の可能性を残している。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA