FOLLOW US

横浜FMに惜敗した長野の美濃部監督「負ければ何も残らない」

 天皇杯4回戦が20日に行われ、横浜F・マリノスと対戦した長野県代表のAC長野パルセイロは、延長戦の末に1-2で敗れた。

 試合後、長野を率いる美濃部直彦監督は、以下のようにコメントしている。

「今日で、天皇杯でのチャレンジが終わりました。来年J3でプロとして戦う上でチャレンジや、経験が積めたことは良かったと思います。ただ、選手たちにはJ1で優勝争いをしているマリノス相手に延長まで戦えたのは頑張ったが、負ければ何も残らないと伝えました。称賛は勝ったチームだけです」

「立ち上がりは、固さもあったのか腰が引けてしまってボールを奪いに行けませんでした。そこで奪われて、ゴール前まで運ばれると苦しくなります。しっかりつなぐことができずに力の差を感じました。マリノスの戦い方を研究して切り替えの早さや、ブロックをつくってプレスをかけてくることは、わかっていましたが、それを怖がると我々のサッカーができない。怖がらずにつなぐことをテーマにしました」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO