FOLLOW US

昇格逃した山形、奥野監督と相馬ヘッドコーチとの契約を更新せず

山形との契約非更新が発表された奥野僚右監督 [写真]=Getty Images

 モンテディオ山形は18日、奥野僚右監督と相馬直樹ヘッドコーチとの来シーズンの契約を更新しないと発表した。

 奥野監督は、1968年生まれの45歳。現役時代は鹿島アントラーズ川崎フロンターレサンフレッチェ広島、ザスパ草津(現・ザスパクサツ群馬)でプレーした。2002年から選手兼任監督として草津を率いた後、2004年から2011年まで鹿島でコーチを務めた。2012年に山形の監督に就任。就任1年目の昨シーズンはJ2で10位、今シーズンは1試合を残して10位となっている。17日のJ2第41節ガンバ大阪戦に敗れ、J1昇格プレーオフ進出の可能性が消滅していた。

 また、FC町田ゼルビアや川崎で監督を歴任した相馬氏は、今シーズンから山形のヘッドコーチを務めていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO