FOLLOW US

大分、鳥栖、仙台、FC東京、広島の5チームが天皇杯ベスト8進出

 天皇杯4回戦が16日に各地で行われた。

 前回大会を制した柏レイソルは、リーグ戦でJ2降格がすでに決まっている大分トリニータと対戦。試合を優勢に進めた柏だったが、スコアレスで時間が経過すると、後半アディショナルタイムの91分に大分MF西弘則のゴールを許し、0-1で敗れた。大分はクラブ初のベスト8進出となった。

 J1での上位対決となった鹿島アントラーズサンフレッチェ広島の一戦は、高萩洋次郎の2ゴールなどで前半に3得点を奪った広島が、鹿島の反撃を後半の1点に抑え、3-1で勝利した。

 日本代表に合流しているため、エースのFW柿谷曜一朗とMF山口螢を欠くセレッソ大阪はホームでサガン鳥栖と対戦。1-1で迎えた87分に鳥栖のFW豊田陽平の決勝点が生まれ、2-1で競り勝った鳥栖がベスト8に駒を進めた。

 16日開催分の試合結果は以下のとおり。

柏 0-1 大分
C大阪 1-2 鳥栖
清水 0-1 仙台
大宮 0-3 FC東京
鹿島 1-3 広島

 なお、4回戦残りの横浜F・マリノスvsAC長野パルセイロ、川崎フロンターレvs モンテディオ山形ヴァンフォーレ甲府vs コンサドーレ札幌の3試合は、20日に開催される。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA