2013.11.16

大分がクラブ初のベスト8進出、大会連覇と今季2冠目指した柏敗退

 天皇杯4回戦が16日に行われ、柏レイソル大分トリニータが対戦した。



 前回大会王者で、2日に行われたヤマザキナビスコカップを制し、今季2冠を目指す柏は、序盤優勢に試合を進める。大分も22分に木村祐志が左サイド浅い位置からのFKをゴール前に送ると、柏DFの頭に当たり、コースが変わったボールが右ポストに直撃するチャンスがあったが、得点とはならなかった。前半は柏のペースのまま進むが、スコアレスで折り返す。

 後半も柏が主導権を握り、大分はショートカウンターからチャンスをうかがう。62分に柏は、セットプレーのカウンターから工藤壮人が右サイドでボールを持ち、ファーサイドへアーリークロスを送ると、フリーの狩野健太が左足で合わせたが、シュートは枠の上へ外れた。71分にも太田徹郎の右クロスに工藤が右足で合わせたが、シュートはミートせず左ポストをかすめた。柏は86分にも右サイドを崩すと、ペナルティエリア内でフリーでボールを受けたレアンドロ・ドミンゲスにチャンスが訪れるが、シュートは力なく、GKの正面を突いた。

 すると劣勢だった大分が後半アディショナルタイムに均衡を破る。91分にペナルティエリア内右でボールを受けた木村が深い位置から低く速いクロスを送ると、途中出場の西弘則がダイビングヘッドで飛び込み、先制に成功する。95分には柏のセットプレーの流れから、工藤のヘディングシュートが枠を捉えたが、ゴールライン上でDF高木和道がクリア。守り抜いた大分が1-0で勝利した。

 クラブ史上初のベスト8進出を果たした大分は、横浜F・マリノスとAC長野パルセイロの勝者と12月22日に対戦する。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
24pt
マンチェスター・C
16pt
アーセナル
15pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
15pt
バイエルン
14pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
18pt
バルセロナ
16pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
19pt
インテル
18pt
アタランタ
16pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
55pt
FC東京
53pt
横浜FM
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
69pt
横浜FC
64pt
山形
64pt
Jリーグ順位をもっと見る
群馬
49pt
北九州
49pt
藤枝
49pt
Jリーグ順位をもっと見る