2013.11.15

仙台、新指揮官に元豪代表監督アーノルド氏が就任…広島でもプレー

アーノルド
仙台の新監督就任が決まったアーノルド氏 [写真]=Getty Images

 ベガルタ仙台は14日、来シーズンの監督に、グラハム・アーノルド氏の就任が決まったことを発表した。

 アーノルド氏は、1963年生まれの50歳。オーストラリア出身で、現役時代は同国代表として56試合に出場し、19得点を記録している。国内数クラブと、オランダ、ベルギーのクラブを渡り歩き、1997年から1998年にはサンフレッチェ広島でもプレーした。2001年の現役引退後は、オーストラリア代表のコーチや監督代行を務め、U-23同代表監督とA代表監督との兼任をこなすなど、指導者として活躍。2010年から、セントラルコースト・マリナーズの指揮を執っていた。

 仙台は、2008年から指揮を執る手倉森誠監督が、U-21日本代表(リオ・デ・ジャネイロ・オリンピック2016)監督就任のため、今シーズン限りで退任することを発表していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
42pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
52pt
インテル
43pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る