FOLLOW US

大分MF梶山陽平が右ひざの手術へ…全治8カ月の長期離脱が決定

右ひざの負傷により長期離脱が決まった梶山(中央) [写真]=清原茂樹

 大分トリニータは13日、MF梶山陽平が痛めていた右ひざの検査を行ったと発表した。検査の結果、右ひざ関節軟骨の損傷と診断され、14日に埼玉県内の病院で手術を行うことが決まった。なお、全治までは約8カ月を要する見込み。

 梶山は今季のリーグ戦9試合に出場し、1得点を挙げていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO