2013.11.12

岐阜の元日本代表MF服部年宏が現役引退を発表…20年のキャリアに幕

服部年宏
現役引退を発表した服部年宏 [写真]=Getty Images

 FC岐阜は12日、MF服部年宏が今季限りで現役を引退することになったと発表した。

 服部は、1994年にジュビロ磐田でプロキャリアをスタートさせると3度の年間優勝を果たすなど、黄金期を支えた。2007年に東京ヴェルディへ移籍し、ガイナーレ鳥取を経て、2012年からFC岐阜でプレーした。今季はリーグ戦33試合に出場している。

 40歳となった服部は、プロキャリア20年の間にJ1で381試合出場19得点、J2で183試合出場1得点、JFLで33試合出場3得点、カップ戦で62試合出場3得点、天皇杯で37試合出場2得点を記録。また日本代表としても、1996年のアトランタ・オリンピックや1998年のフランス・ワールドカップ、2002年の日韓ワールドカップでプレー。44キャップを記録し、2得点を挙げている。

 クラブは17日に開催されるJ2第41節のコンサドーレ札幌戦終了後に、引退セレモニーを行うと併せて発表している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る