FOLLOW US

決勝点の名古屋MF藤本「どういうサッカーをするか中途半端だからこういう順位」

横浜FM戦で決勝点を決めた名古屋MF藤本 [写真]=清原茂樹

 J1第31節が10日に行われ、横浜F・マリノス名古屋グランパスが対戦。2-1で名古屋が勝利し、首位横浜FMは今季のリーグ戦でホーム初黒星となった。

 試合後、決勝点を挙げた名古屋のMF藤本淳吾とMF田口泰士は、以下のようにコメントしている。

藤本淳吾
「ふらふらっと中に入って周りを見たらスペースが空いていた。 アベショー(阿部翔平)が引き付けてくれて、いいボールが来たから決められた。 前半にトラップミスをしたので、次はミスしないようにと意識していた。うちはメンバー的には(横浜FMに)引けを取らない。後はどういうサッカーをするか。 それがずっと中途半端だからこういう順位にいるんだと思う」

田口泰士
「チームとして、首位の相手に勝てたということはすごく大きい」

―個人的な役割は?
「ボールを配給してリズム作るという感じだったけどそんなに…。それよりも守備に重点を置いていた部分がある。僕らには失うものはないけど、向こうはプレッシャーが掛かっているのはあるので気楽でしたけど、相手の立ち上がりに先制点を奪えたのは大きかった。もちろん僕たちも勝ちたいし、見せたい、という気持ちはあった」

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA