2013.11.04

プロ野球日本シリーズにみる、Jリーグ・ポストシーズン制のメリット、デメリット

横浜F・マリノス
2004年のチャンピオンシップを制覇した横浜FM [写真]=Getty Images

 ポストシーズンは盛り上がる――。「楽天 vs 巨人」の日本シリーズを見て、改めて思った。全試合で地上波局のTV中継があり、視聴率(以下ビデオリサーチ調べ、関東地区)は第5戦までの4試合で20%以上をキープ。最高23.6%(第5戦)という高視聴率になっている。田中将大が先発した第6戦、優勝の決まった第7戦の視聴率は5日発表だが、さらに高い数字が叩き出されたはずだ。

 Jリーグに2ステージ制を導入しようという案も、同様に山場を作ろうという狙いだろう。チャンピオンシップを復活させればテレビ局の放映権料や、冠スポンサーからの収入が期待できる。10億円の収入不足を埋める苦肉の策とも聞くが、その意図が分からぬわけではない。リーグ戦以上の盛り上がりが期待できることも当然のメリット。最後のチャンピオンシップとなった2004年の「横浜F・マリノス vs 浦和レッズ」は、2試合で12万人以上を集め。テレビ中継も第1戦が12.0%、第2戦が15.3%という悪くない視聴率を取った。優勝が決まる日時を予め確定できるチャンピオンシップは、報道機関にとって扱いやすいイベントでもある。

 しかし日本シリーズ、チャンピオンシップが盛り上がるのは“優勝決定戦”の重みがあるからだ。日本シリーズ手前の“準決勝”に相当するクライマックスシリーズ(CS)を見ると、導入直後の2004年、05年が盛り上がりのピークだった。05年には「ソフトバンク vs ロッテ」が17.0%という視聴率を叩き出している。ただ導入当時は真新しさのあった形式も、近年は巨人戦を除き、キー局が中継することは稀になった。楽天の日本シリーズ進出が決まった試合はテレビ東京が中継したが、8.8%という平凡な数字。今年のセ・リーグCS「巨人 vs 広島」は3試合とも10%前後で、日本シリーズの半分程度である。

 さらなる問題は、ポストシーズンが山場になることで、リーグ戦の価値が落ちることだ。今年9月21日には「勝てばセ・リーグ優勝決定」という巨人戦を、日テレが中継している。しかし大一番にも関わらず視聴率は5.1%で、ナイター中継としては歴史的な低さだった。これはクライマックスシリーズの存在と、無縁でないだろう。W杯アジア3次予選が最終予選、本大会ほど盛り上がらないのと同じで、「先が長い」ことはファンの気持ちを冷ます。もっともCSが「盛り上がっている」と言うファンは多く、確かに普段のリーグ戦と比べれば集客は多い。とはいえリーグ戦の価値を落とすデメリットを埋め合わせるほどの成功なのか、私は疑問だ。

 Jリーグに話を戻すと、スーパーステージと称する“三階建て制”が大いに疑問だ。これにより各ステージの2位、場合によっては3位以下までが“優勝”を争うステージに参加することになる。今までの平屋建てに比べて、最上階までの距離がずいぶんと遠くなるのだ。ファイナルはそれなりに盛り上がるだろうが、“準決勝”は野球のCSを見ても分かるとおり。中途半端な位置づけとなる。仮にポストシーズン制を導入するにしても、準決勝導入は愚策と言うべきだ。

文●大島和人
大島和人(ツイッターアカウント@augustoparty)
1976年生まれ。外資系損保、調査会社などの勤務を経て、2010年ころからライター活動を始める。ヴァンフォーレ甲府、FC町田ゼルビアの取材を活動の柱としつつ、野球やラグビー、バスケット、バレーの現場にも足を運ぶ“球技ライター”。「サッカーだけを強化しても、サッカーは強くならない」が持論。日本がバスケ強国のスペイン、バレー王国のブラジルのような“球技大国”になることを一生の夢にしている。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る