2013.10.18

公開会議で「コカ・コーラ Jリーグ 月間MVP」が決定…専門メディア編集長が集結

9月度月間MVPの公開選考を行った各専門誌編集長と上野山氏

 Jリーグは17日、「コカ・コーラ Jリーグ 月間MVP」9月度の受賞選手にFC東京MF長谷川アーリアジャスールと、ヴィッセル神戸MF小川慶治朗が選ばれたと発表した。



 同賞は、各月のリーグ戦(J1、J2)において最も活躍した選手が表彰されるもので、サッカー専門メディア(週刊サッカーマガジン、週刊サッカーダイジェスト、ストライカーDX、エル・ゴラッソ、月刊Jリーグサッカーキング)とJリーグからなる選考委員会によって選考。9月度の選考委員会会議は、3日に報道陣に公開される中で行われた。

 会議にはサッカー専門メディアの各編集長とJリーグのテクニカルダイレクターを務める上野山信行氏が出席。各編集長がGK、DF、MF、FWのポジションからMVP候補を1選手ずつ挙げ、議論を行った。J1では、9月に3連勝したFC東京のMF長谷川とFWルーカス、攻守で高いパフォーマンスを披露したセレッソ大阪DF山下達也を推す声が多く、3選手を対象に決選投票を実施。6票中4票を獲得した長谷川が選ばれた。

 J2の選考では、第35節で首位に再浮上した神戸勢を評価。MF小川とGK徳重健太の2選手を対象に決選投票が行われた結果、小川がMVPに選出された。

 また、会議では委員が選ぶ終盤戦での注目選手も挙げられ、J1では激しい首位争いを見せる横浜F・マリノスMF中村俊輔や、得点ランクで上位争いを繰り広げる川崎フロンターレFW大久保嘉人セレッソ大阪のFW柿谷曜一朗らに期待が寄せられた。J2では、けがから復帰したファジアーノ岡山FW荒田智之や驚異のロングスローを持つ松本山雅FCのMF岩上祐三らの名前が挙げられた。

「コカ・コーラ Jリーグ 月間MVP」を受賞した選手には、J1が30万円、J2が20万円の賞金が贈られる。発表は当該月の翌月に行われ、発表後、受賞選手所属クラブのホームゲームにて表彰が行われる。

協力:データスタジアム株式会社

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
30pt
名古屋
24pt
大分
24pt
Jリーグ順位をもっと見る
山形
28pt
水戸
27pt
大宮
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
18pt
讃岐
18pt
C大23
17pt
Jリーグ順位をもっと見る