FOLLOW US

札幌、北海道教育大岩見沢校MF上原拓郎が加入内定…下部組織出身

 コンサドーレ札幌は8日、来季の新加入選手として、北海道教育大学岩見沢校4年のMF上原拓郎が内定したことを発表した。

 上原は1991年生まれの22歳で、身長177cmのMF。札幌の下部組織出身で、コンサドーレ札幌U-18から北海道教育大学岩見沢校へ進んだ。上原はクラブの公式HPを通じて、以下のコメントを残している。

「今回、コンサドーレ札幌にお世話になることができて素直にうれしく思います。もともとユース出身で、高校を卒業するときにトップ昇格できなかったことはつらい結果でしたが、北海道教育大学岩見沢校での4年間、サッカー選手としてはもちろん、1人の人間としても成長できたことがコンサドーレにも認められて、来季加入できることになったと強く思っています。コンサドーレを含め他の多くのプロサッカー選手には、自分よりうまい選手はたくさんいると思いますが、自分のウリである“キャプテンシー”の部分は負けないと思います。チームに求められる選手、チームに一番必要とされる選手になることを目標に努力したいと思います。これからは北海道でお世話になったことに対してプレーで恩返しできるよう、そしてゆくゆくはJ1で優勝できるようなクラブにできるよう、自分も貢献していきたいです」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO