2013.09.25

ラジオパーソナリティ挑戦の浦和DF槙野、放送は「まず森脇に」

槙野智章
新番組への意気込みを語った槙野

 浦和レッズに所属する日本代表DF槙野智章が、レギュラーパーソナリティを務める『浦和レッズ槙野智章 プロフェッショナルへの道~マキスタ~』が、FM NACK5で、毎週土曜日の午前8時15分から8時35分にかけて放送開始となることが決まり、25日には第1回の収録が行われた。

 収録を終えた槙野は取材に応じ、初回収録の感想と番組への意気込みを語った。

 番組が始まった経緯について槙野は、「(試合後の)ミックスゾーンで、僕のわがままと言いますか、勢いで『やりたい』という話から、こういうことになりまして」と自身の希望だったことを明かすと、「たくさんの方から色々な話を聞いて、それを還元できたらなというのがありました。今回の趣旨もそうですけど、サッカー界だけでなく、たくさんの方とお話しをして自分に活かしていきたい、周りに活かしていきたいというコンセプトの元、こういうお話をさせていただきました」と理由を語った。

 同番組では各界のプロフェッショナルを招いて、その極意をリスナーや槙野自身が学んでいく内容となるが、「いつもラジオに出させていただくときはゲストですけど、自分が話を展開するのは全く違う角度なので、より色々なところに気を遣う」とパーソナリティの難しさを語ると、「毎週土曜の朝はこれがある、という期待感がある番組にできればと思います。サッカー界以外の方を巻き込むくらいのラジオにできればと思います。たくさんの方に言葉の大切さだったり、生き方というものを。みんな、色々な意見があると思いますけど、意識してもらえればいいのかなと思います」と、今後への意欲を示した。

 また、まず誰に放送を聴いてもらいたいか問われた槙野は、「そうですね…。まずは森脇(良太)ですね」と同僚の名を挙げる一方、森脇のゲスト出演の可能性については、「クラブが許さないんじゃないですか(笑)」と冗談交じりに否定した。

 番組内では言葉の大切さについて触れているが、「言葉には魂が宿っているという意味でも、今のレッズにも言えることかもしれないですけど、周りが悪い状況の時にいかに、空気を変えて、プラスの方向に進めていけるかという発言ですよね。行動もそうですけど、発言で変えることは一番簡単なようで難しいことだと思います」と、コメントしている。

 シーズン途中からの新たな挑戦となることについては、「切り替えられると思いますけど、それをサッカーの結果の方にしっかり移していかないといけない。自分のプレーだったり結果がついてきていないのに、こっちばっかり100%の力を注ぎ込むようであれば、間違いなく良くないですけど、これがチームや自分のプレーにいい影響が出るようにしていければと思います」と話している。

 初回は10月5日に放送され、同日はJ1第28節が開催される。浦和はホームに大宮アルディージャを迎え、4月の対戦ではアウェーで0-1と敗れた“さいたまダービー”に臨む。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
70pt
川崎F
66pt
C大阪
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
58pt
栃木
58pt
沼津
57pt
Jリーグ順位をもっと見る