FOLLOW US

千葉FW森本が古巣相手にフル出場も敗戦、横浜FCは愛媛下し3連勝

 J2第34節の2試合が、23日に各地で行われた。

 東京ヴェルディジェフユナイテッド千葉の一戦は、千葉のFW森本貴幸が古巣東京V相手に今夏の日本復帰後、初先発を飾った。森本は積極的な姿勢を見せ、得点を伺うが、先制したのはホームの東京V。小池純輝のミドルシュートが決まり、28分に先制する。

 森本はフル出場したが、試合はそのままスコアが動かず、1-0で東京Vが勝利。東京Vは2試合ぶりの白星で勝ち点を48とし、11位につけている。一方の敗れた千葉は、2連敗で6位に後退している。

 同日行われたもう1試合では、愛媛FC横浜FCが対戦。三浦知良が先発した横浜FCは、寺田紳一が26分に挙げた得点が決勝点となり、1-0で勝利した。

 横浜FCはリーグ戦3連勝で順位を14位に上げた。ホームで敗れた愛媛は、4試合ぶりの敗戦で順位は17位となっている。



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO