FOLLOW US

レ・コン・ビンがリーグ戦初先発、初得点、初退場…札幌が接戦制す

 コンサドーレ札幌は22日、J2第34節でV・ファーレン長崎と対戦した。この試合で札幌のベトナム代表FWレ・コン・ビンがリーグ戦初先発を果たしている。

 試合は15分にレ・コン・ビンがダイビングヘッドでリーグ戦初ゴールを記録し、札幌がリードを奪った。ところが39分、レ・コン・ビンがこの試合2枚目のイエローカードを提示され退場処分を受けてしまう。その後、数的不利となった札幌は長崎に主導権を握られる苦しい展開が続いた。

 しかし、札幌は守備陣が奮闘。最後まで集中を切らさず、長崎の攻撃を防いで試合はタイムアップを迎えた。リーグ戦初先発、初得点、初退場と強烈なインパクトを残したレ・コン・ビンの1点を守りきり、札幌が1−0で勝利。リーグ戦ホーム無敗記録を8試合に伸ばしている。



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO