FOLLOW US

首位を維持した横浜FM栗原勇蔵「守備の良い流れを継続できれば」

 J1第26節が21日に行われ、横浜F・マリノス清水エスパルスが対戦した。試合は、4分に中村俊輔の挙げたゴールが決勝点となり、ホームの横浜FMが1-0で勝利した。

 試合後、横浜FMの栗原勇蔵は、以下のように勝利を振り返った。

「残り8試合、この守備の良い流れを継続してできればと思う。危ない場面、セットプレーとかがあった。落ち着いて対処できていた。ゼロで抑えられたことが大きかった」

「ラドンチッチをターゲットにしていたんだけど、ラインを下げ過ぎて中盤が間延びし、セカンドボールを拾われたのが前半の終わりから後半にかけてあったけど、押し上げてもっとコンパクトにすればもっとよくできたかなと思う」

「1点取ってゼロになる時間帯が長くなればなるほど守備の意識が強くなるから、無理に攻めるんじゃなくて守備の意識を強くして、最後のほうは1-0でいいから守りきろうとセットプレーとかも強く意識して守りきれたと思う。そこは次につなげられたと思う」

 3試合ぶりに勝利した横浜FMは、勝ち点51となり、首位を維持している。



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO