FOLLOW US

横浜FMが首位をキープ…C大阪は4戦連続ドロー

 J1第25節が14日に行われ、横浜F・マリノスセレッソ大阪が対戦した。

 試合は立ち上がりから、両チームともに積極的な姿勢でゴールに迫る展開となる。すると11分、左CKのこぼれ球に反応した山下達也が豪快な右足ボレーを決めて、C大阪が先制した。しかし、横浜FMも3分後、ドゥトラが左サイドから強烈なミドルシュートを突き刺して同点に追いつく。その後、横浜FMはマルキーニョス、C大阪は柿谷曜一朗を中心に勝ち越しゴールを狙いにいったが、前半は1—1で終了した。

 後半に入ると、横浜FMが押し気味に試合を進めるが、C大阪の粘り強い守備の前にゴールを奪えない。C大阪のペナルティエリア内までボールを運ぶも、決定機を作り出すことはできなかった。一方、C大阪も勝ち点3を奪うべく反撃に転じるが、81分に途中出場のエジノが放った強烈な左足シュートがセーブされるなどチャンスを生かせず。両チームともに決め手を欠いた試合は、そのまま1—1の引き分けに終わった。

 勝ち点1を獲得した首位の横浜FMは、2位の浦和レッズと3位のサンフレッチェ広島が敗れたため首位をキープ。対するC大阪はリーグ戦4試合連続の引き分けとなった。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA