FOLLOW US

天皇杯で横浜FMから得点した八戸の小林定人「数段上だと感じた」

 天皇杯2回戦が11日に行われ、J1の横浜F・マリノスと東北社会人1部リーグ所属のヴァンラーレ八戸が対戦。横浜FMが、藤田祥史のハットトリックや兵藤慎剛齋藤学のゴールにより、5-1で大勝した。

 フル出場して先制点を挙げた八戸の小林定人は、試合後に以下のようにコメントした。

「少なからずチャンスが来ると思っていたので、そこで決められて良かった。横浜はすべてにおいて数段上だと感じた。切り替えだったり、パススピードだったり。前からプレスをかけているので、そこでボールを取れたら、ボールと人を動かすサッカーができていたけど」

「J1の首位、日本で一番強いチームということで、ある程度イメージしていたけど、同じサッカー選手としてできることはあると思って、こっちも前を向けてやれた試合だった」

―たくさんの声援があったが?
「マリノスサポーターに負けないくらい大きい声援を送ってくれてありがたかった。個人的に2年前に違うチームにいた時、J1と対戦したことがあって、その時に同じ経験をして、雰囲気がすごいなと感じた。僕らはチャレンジャーなので今日の結果をしっかりと受け止めて一日一日頑張りたい」

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA