FOLLOW US

2戦ぶりの黒星喫した横浜FM兵藤慎剛「イージーミスが多かった」

首位横浜FMは敵地で勝ち点を伸ばせず [写真]=佐藤博之

 J1第24節が8月31日に行われ、首位の横浜F・マリノスは敵地で大宮アルディージャと対戦した。42分に大宮の渡邉大剛に先制点を許すと、同点ゴールを奪えないままタイムアップを迎え、0-1で敗れた。

 試合後、MF兵藤慎剛は、以下のように敗戦を振り返った。

「攻めあぐねて決められなくてカウンターからやられるという、ここでのいつものパターンだった。やっぱりどこかで1本決めないといけない。前半終了間際の失点は良くない。前半は向こうのほうが精神的に追い詰められていた状況だったのに、あの1点で…。後半は攻め急ぎすぎて突っ込むボールだったり、いつもよりイージーミスが多かったし、暑いので攻守の切り替えも遅くなってしまった」

「相手が中盤ではマンツーマン気味でついてきたので、ディフェンスから当てるボールが難しかった。2、3人で動けば崩せたはず。もっと全体でやれればと思う。アントラーズ戦でもそうだったけど、マンツーマンで来られると厳しくなっていたので、逆にラッキーと思えるようにならないといけない。もうちょっと気のきいたプレーをしないと、引いた相手は崩せない。相手は蹴ってきたけど、そこでバチっと潰せなかった。どの相手にも自分達のスタイルを出さないといけないし、相手に臨機応変に対応しないと。次、切り替えて頑張りたい」

 横浜FMは2試合ぶりの黒星を喫し、勝ち点47のままとなったが、2位の浦和レッズと勝ち点1差で首位を維持している。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA