FOLLOW US

元磐田の犬塚友輔がイタリアのリカータに移籍

2012年限りで自由移籍となっていた犬塚友輔がイタリアのリカータ・カルチョと契約

 ジュビロ磐田ユース出身で、ジュビロ磐田ヴァンフォーレ甲府サガン鳥栖でプレーしていた犬塚友輔が、イタリアのリカータ・カルチョへの移籍が決定した。

 犬塚は、静岡県浜松市中区出身ので、MFやDFとしてプレー。磐田ユース時代は主にボランチでプレーし、静岡産業大学でもボランチや1.5列目を主戦場としながらも、身体能力を高く買われて大学3年以降は、FWとしてプレーすることが多かった。フィジカルを生かした突破力を武器に、東海大学リーグ3連覇、インカレ3位に貢献している。

 2006年、磐田を含むJリーグの数チームからのオファーを受けたが、本人が夢だったという磐田とプロ契約を締結。同年途中に就任したアジウソン監督から重用され、右サイドバックとして出場機会を増やし、レギュラーに定着した。また、2008年シーズン終盤にはボランチとして多く起用された。2011年にヴァンフォーレ甲府へ、2012年にサガン鳥栖へ移籍。ヤマザキ・ナビスコカップでは、古巣磐田を相手に、キャリア初の1試合2得点を挙げて勝利に貢献している。

 リカータ・カルチョはシチリア島の都市リカータを本拠地とするクラブで、1931年に創立。現在インテルの監督を務めるワルテル・マッツァーリや、マンチェスター・Uでのプレー経験を持つマッシモ・タイービが在籍したクラブとして知られている。2013-14シーズン、リカータはイタリアの5部リーグに相当するセリエDに所属している。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA