FOLLOW US

ドローに終わった川崎の中村憲剛「あと2点ぐらい取れていた」

今季2度目の多摩川クラシコは2-2の引き分けに終わった [写真]=清原茂樹

 J1第20節が10日に行われ、川崎フロンターレFC東京が対戦。2-2で引き分けた。

 川崎の2点目を挙げた中村憲剛は試合後、以下のようにドローを振り返った。

「もうちょっとプレーの質を高めたかったけど、今日みたいな暑い中では簡単ではなかった。ただ、要所要所でいいプレーを出せれば点を取れるという感覚もあったし、攻撃のリズムはできていた」

「(得点は)チャンスを作れていたのでエリア内に入ったら目の前にボールがこぼれてきて、それを決めるだけだった。試合を通じて自分もあと2点ぐらい取れていたし、他の選手にもチャンスはあったのでもっと決めるところで決めないといけない」

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA