FOLLOW US

湘南のブラジル人FWキリノがUAEのアル・シャアブに電撃移籍

開幕戦でゴールを挙げたキリノ [写真]=清原茂樹

 湘南ベルマーレは10日、ブラジル人FWキリノがUAE(アラブ首長国連邦)のアル・シャアブに期限付き移籍することが決まったと発表した。移籍期間は15日から2014年8月14日までとなっている。

 キリノは移籍の際、以下のようにコメントした。

「今回、UAEのクラブへ移籍をすることになりました。まず一番に、チーム、そしてサポーターの皆さんに感謝の気持ちを伝えたいと思います。この一年間、本当にたくさんのサポートをしてくれました。心から感謝しています。そして、シーズン中に移籍をすることについて、クラブには自分のわがままを聞いてもらう形となり本当に申し訳なく思っています」

「ベルマーレでの一年は、素晴らしい思い出ばかりです。いろいろなことがありましたが、自分のベストを出した一年間でした。サポーターの皆さんにお願いしたいのは、ベルマーレは本当にいいチームなので、どうかずっとチームを信じて、応援し続けてもらいたいということです。僕自身も、いつまでもベルマーレのことを忘れることはできません。本当にありがとうございました」

 また、湘南のゼネラルマネジャーを務める大倉智氏も、「8月8日の早朝にオファーが届きました。大事な戦力として、当然慰留をしましたが、本人の希望が強く、完全移籍ではなく、期限付き移籍での移籍を承諾しました。急な話ではありましたが、チームに動揺はありません。我々は、サポーターの皆様と一丸となって、目標に向かって戦っていくだけです。引き続きの熱い応援、よろしくお願いいたします」とコメントしている。

 28歳のキリノは、昨年7月から湘南に加入。今季はJ1で13試合に出場して2ゴールを挙げていた。なお、10日に離日する。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA