FOLLOW US

仙台DF上本大海が右ひざじん帯の再手術で全治8カ月の長期離脱

仙台DF上本大海が再手術で長期離脱へ [写真]=Getty Images

 ベガルタ仙台は9日、DF上本大海が右ひざ前十字じん帯再再建術を受け、全治約8カ月と診断されたことを発表した。上本は6日に手術を受けた。

 上本は、2012年11月7日のJ1第31節セレッソ大阪戦で負傷し、右ひざ前十字じん帯断裂で全治6カ月と診断されていた。復帰に向けてリハビリを行っていたが、さらなる長期離脱を強いられることとなった。

 上本は2012年から仙台に所属。昨シーズンはリーグ戦22試合に出場し、1得点を記録した。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA