2013.08.04

3失点で敗れた磐田のDF駒野友一「とにかく失点を減らさないと」

 8月3日に行われたJ1第19節、ジュビロ磐田名古屋グランパスの一戦は、2-3でアウェーに乗り込んだ名古屋に軍配が上がった。

 ホームの磐田は、開始早々の8分に先制点を献上。松浦拓弥の突破から生まれたチャンスを山田大記が決めて同点としたが、後半に入ると名古屋に主導権を握られ失点を重ねた。82分には途中出場の金園英学のゴールで1点差に迫ったが、そのままタイムアップを迎えた。

 試合後、右サイドバックとしてフル出場した駒野友一は、敗因が守備の不安定さにあると言及した。

「とにかく失点を減らさないと。2失点目と3失点目はこちらが前がかりになったところを突かれたので、やはり先制点を奪われてしまったことがすべてだと思います。相手のストロングポイントを消す守備をしなければならないのに、名古屋の先制点はケネディをうまく使われてしまった」

 この日はホーム・ヤマハスタジアム改修後の“こけら落とし”として試合前にセレモニーが行われるなど、クラブにとってメモリアルな1日となったが、それを勝利に結びつけることはできなかった。次節は駒野の古巣であり、現在首位に立つサンフレッチェ広島との対戦を迎える。

「広島は特別な戦い方をするチーム。遅攻になってしまうと守備のブロックを作られてしまうので、カウンターのチャンスを多く作る展開に持ち込みたいですね」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る