FOLLOW US

柏の日本代表DF鈴木大輔「失点してから割り切って守備ができた」

 J1第18節が7月31日に行われ、横浜F・マリノス柏レイソルが対戦。ホームの横浜FMが31分にマルキーニョスの得点で先制したが、89分に柏がオウンゴールで同点に追いつき、1-1の引き分けとなった。

 フル出場した柏レイソル鈴木大輔は試合後、以下のようにコメントした。

「先制点を取られるとどうしても前がかりになるので、この先の戦いでも先制点を与えないことが大事。ただこの試合は点を取られてから割り切って守備ができた。何とか耐えて追加点を与えなかったからこそ同点に追い付くことができた」

「(代表から戻り久しぶりの日本での試合となるが)中盤に人数が多く、奪ったボールがつながらなかったので多少のやりづらさは感じた」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA