FOLLOW US

横浜FMの齋藤学「日本代表は新鮮で緊張感があった」

 J1第18節が7月31日に行われ、横浜F・マリノス柏レイソルが対戦。ホームの横浜FMが31分にマルキーニョスの得点で先制したが、89分に柏がオウンゴールで同点に追いつき、1-1の引き分けとなった。

 先発出場して86分までプレーした横浜FMの齋藤学は試合後、以下のようにコメントした。

「(先制点のアシストについて)中央を見ながら抜け出して、良いゴールにつなげられて良かった。ただ、もっと決められるようにならないと」

「(日本代表での戦いは)新鮮で緊張感があった。チームに戻ってきて、より周囲からも見られる立場となったので、もっとチャンスで決められるようにならないとダメだね」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA