FOLLOW US

マンUのGKが南野拓実を絶賛「将来はシンジのようになれる」

C大阪戦に出場したリンデゴーア [写真]=齊藤友也

 プレシーズンマッチが26日に行われ、セレッソ大阪とサッカー日本代表MF香川真司が所属するマンチェスター・Uが対戦。杉本健勇のゴールでC大阪が先制した試合は、54分に香川が古巣相手に凱旋ゴールを決める。その後、18歳の南野拓実のファインゴールでC大阪が再びリードを奪い、そのまま試合終了かと思われたロスタイムにウィルフレッド・ザハの劇的同点弾が決まり、2-2のドローでタイムアップとなった。

 試合後、マンチェスター・Uのデンマーク代表GKアンデルス・リンデゴーアは以下のようにコメントした。

 リンデゴーアは、「タフなゲームだったね。前回の試合(横浜F・マリノス戦)もそうだけど、日本のチームのプレーには驚かされた。地球の裏側にいるチームのことを知る機会はなかなかないからね(笑)」と振り返るとともに、得点した南野への賛辞も送った。

「相手の2点目を決めた選手(南野拓実)は能力のあるプレーヤーだった。将来はシンジのようになれるんじゃないかな」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO