FOLLOW US

清水FWバレーが中国の天津泰達へ移籍

清水FWバレーの中国移籍が決定 [写真]=Getty Images

 清水エスパルスは25日、FWバレーが中国の天津泰達へ完全移籍することが決まったと発表した。

 バレーは31歳。日本では、大宮アルディージャヴァンフォーレ甲府ガンバ大阪でのプレー経験を持ち、今シーズン、カタールのアル・アラビから清水に加入した。今シーズンはリーグ戦16試合に出場して4得点、ヤマザキナビスコカップ6試合で2得点を記録した。キャリア通算では、J1で95試合出場48得点、J2で152試合出場71得点を記録している。

 移籍にあたり、バレーは以下のようにコメントしている。

「このたび、残念ながら中国のチームに移籍することになりました。6ヶ月という短い間でしたが、エスパルスの一員として戦ったことは、自分にとって本当に良い経験、思い出になりました。勿論、エスパルスの仲間と一緒に最後まで戦いたかったという気持ちはあります。自分でも予期せぬことでしたが、中国のチームからかなり大きなオファーが届き、自分の将来のことや大切な家族の将来のことを考え、この様な決断に至りました。私はこの6ヶ月間、自分の持っているすべてのものを出しました。自分でも今の結果に満足はしていませんが、エスパルスに来てから、このクラブが成功するために一生懸命やって来ました。エスパルスに関わるすべての人たちに感謝しています。初めて来た日からとても温かく迎えてくれ、短い間でしたが本当にエスパルスのことを愛することができました。エスパルスの本当に素晴らしいファン・サポーターのみんなのことは決して忘れないし、エスパルスのことを一生応援していきたいと思います。本当にありがとうございました!」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO