2013.07.23

敗戦にマンUのMFギグス「日本人選手は勤勉で、団結力がある」

ギグス
後半途中から出場したギグス [写真]=Man Utd via Getty Images

 プレシーズンマッチが23日に行われ、横浜F・マリノスと日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uが対戦。横浜FMが3-2で競り勝った。

 試合後、マンチェスター・Uのライアン・ギグスは、以下のようにコメントした。

「どんな試合でも勝ちたいものだが、プレシーズンの主な目的はフィットネスを高めることだ。何人かはこの試合で初めてプレーしたり、90分間が初めての選手がいたり、いろいろだったが、それもすべてリーグ初戦のスウォンジー戦のための積み重ねなんだ。今日のような湿気や暑さには慣れていなかったし、横浜はシーズン中ということで、僕らよりもコンディションが良かったかもしれない」

―プレシーズンはここまで3勝2敗だが?
「どんな試合も勝ちたいけど、プレミアリーグで勝てるのであればここでの負けは別に構わない。ただ、相手にも敬意を払う必要がある。横浜は非常にいいプレーをした。僕らの課題はもちろんこの後修正していかなければいけない。あと3、4週間でシーズンは始まるが、だんだん良くなってきているし、コンディションも高まってきていると思う」

―デイヴィッド・モイーズ新監督については?
「選手にとって新しいことだし、監督にとっても新しいことだ。まだ一緒になって3週間しか経っていないし、これからだと思う。でも、今僕らは楽しんでいる。アジアツアーも楽しいし、みんなのコンディションも上がってきている。新シーズンが楽しみだ」

―香川は新シーズンで大きな役割を担う?
「僕もそう思う。シンジは最初のシーズンでよくやった。質が高い選手だと思う。ただ、マンチェスター・ユナイテッドは一人の選手に依存するのではなく、全員で戦うチームだ。だからこそ今までの成功がある。ただ、その中でもシンジは間違いなく大きな役割を占めている。他の選手が持っていないクオリティを持っている。高い技術力があり、相手のスペースを見つけ出すことができ、両足でゴールを決めることができる。間違いなく、我々にとって重要な選手だ」

―横浜FMと対戦して、日本人選手にどういう印象を持ったか?
「日本人選手は勤勉で、チームとして団結力がある。一人ひとりを見てもテクニックが高く、守備陣もしっかりボールを扱うことができる。我々としては、今日の試合は、ボールポゼッションだったり、そういったことにチャレンジするいい機会だった。今日のような質の高いチームと対戦するのは非常に意味のあることだ」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る