FOLLOW US

宮市、名古屋戦での地元凱旋ゴールに「本当に最高の夜でした」

名古屋戦を振り返った宮市

 26日に行われる「埼玉スタジアム2002開設10周年記念 さいたまシティカップ2013」の開催を前に、浦和レッズと対戦するアーセナルが23日に記者会見を行った。

 記者会見にはイヴァン・ガジディスCEO、アルセーヌ・ヴェンゲル監督、ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ、日本代表FW宮市亮が出席した。

 22日に行われた名古屋グランパス戦では、先発出場し、PKで得点を挙げ、地元凱旋ゴールを決めた宮市は、「地元ということもあって、非常にうれしいゴールでしたし、PKをとったときにいいチャンスをくれたので、決めることができてうれしく思いました。地元での試合だったので、自分自身、本当に最高の夜でしたし、いい試合ができてよかったと思います」と試合を振り返った。

 アーセナルの一員として戦っていくための課題については、「けがを昨シーズンずっとしていて、久々の試合ということもあり、フィットネス状態は100パーセントではなかったですけれども、そういったことも言っていられないです。幸いなことに、まだシーズン前なので、シーズンが始まる前までにしっかりコンディションを上げていかなければいけないということと、アーセナルでプレーしていくには、1つ1つの自分のスキルだったり、判断の速さだったりというサッカー選手としての基本的な要素をどんどん上げていく必要があると感じています」と自身を分析している。

 アーセナルと浦和の試合は、26日に埼玉スタジアム2002で19時30分キックオフとなっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO