2013.07.22

宮市がPKで地元凱旋得点…スタジアム最多観衆の前でアーセナル勝利

宮市亮
宮市亮のPKを含む3得点を決めたアーセナルが名古屋に勝利 [写真]=Arsenal FC via Getty Images

 22日、名古屋グランパスと日本代表FW宮市亮の所属するアーセナルが豊田スタジアムで親善試合を行った。観衆は同スタジアム最多となる4万2919人が集まった。

 アーセナルは愛知県出身で地元凱旋となった宮市をはじめ、セオ・ウォルコット、ミケル・アルテタ、オリヴィエ・ジルーといった面々がスタメンに名を連ね、名古屋も田中マルクス闘莉王玉田圭司などが先発した。

 試合は序盤からアーセナルが試合を支配し、開始3分にトマーシュ・ロシツキーが右サイドからクロスを送ると、中央で待ち構えていたジルーが頭で合わせて、早々に先制する。7分にはキーラン・ギブスが左から低いクロスを送り、こぼれ球をペナルティエリア内左にいた宮市が、ダイレクトで左足のシュートを放ったが、わずかに枠の右へ外れた。

 両サイドへの展開を中心に攻撃を組み立てるアーセナルは、25分にカウンターから、ウォルコットがドリブルで持ち上がり、右に流れたジルーへとパス。ペナルティエリア内のジルーがマイナスの折り返しを中央に送ると、タックルにいった闘莉王の手にボールが当たり、PKの判定。キッカーに指名された宮市が、ゴール左に豪快に決め、アーセナルが追加点を挙げる。

 2点のビハインドとなった名古屋は44分に、ピッチ中央でボールを受けた闘莉王からのグラウンダーのパスがDFの間に侵入した小川佳純の足元に通り、決定機を迎えるが、小川のシュートはミートせず、力なくGKの手に収まった。

 ハーフタイムにアーセナルはジャック・ウィルシャーやルーカス・ポドルスキなど4選手を投入。宮市は前半のみの出場となった。名古屋も2選手を入れ替え、後半に臨む。

 52分にアーセナルは、ウィルシャーがピッチ中央のハーフウェーライン付近から前線にロングボールを送ると、抜け出したウォルコットが絶妙のトラップからGKと1対1になるが、放たれたシュートはGK楢崎正剛が見事な反応を見せ、失点を防いだ。55分には後半から出場のサージ・ナブリーが左サイドからカットインでDF2人をかわしてからのシュートでゴールを脅かすと、直後にこちらも後半から出場のジェディオン・ゼラレムが絶妙のスルーパスをウォルコットに通すと、今度は楢崎との1対1を浮かせたシュートで制して、3点目を挙げた。

 61分に名古屋は田中隼磨のクロスを玉田が頭で合わせたがGKウカシュ・ファビアンスキにセーブされると、直後にアーセナルはウォルコットのスルーパスからウィルシャーがシュートするも、楢崎がセーブした。

 劣勢の続いていた名古屋だったが、71分に田中隼の右からのクロスを後半途中から出場した矢野貴章がヘディングで決めて、1点を返した。その後はスコアが動かず、3-1でアーセナルが勝利した。

 アジアツアー中のアーセナルは、26日に埼玉スタジアム2002で浦和レッズと対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
12pt
柏レイソル
12pt
甲府
10pt
Jリーグ順位をもっと見る
藤枝
9pt
C大23
7pt
北九州
6pt
Jリーグ順位をもっと見る