FOLLOW US

大宮が逆転負けで首位陥落…今季初のリーグ戦2連敗

 J1第17節が17日に行われ、大宮アルディージャ川崎フロンターレが対戦した。

 前節の横浜F・マリノス戦で今季2敗目を喫した大宮は、アウェーの川崎に先制を許してしまう。8分、中村憲剛のパスを受けた小林悠が胸トラップで抜け出し、右足を振りぬく。放たれたボールはゴールネットを揺らした。対する大宮も、前半のうちに同点とする。24分、中盤でボールを持った鈴木規郎が左足を一閃。ミドルレンジから放たれたボールが、ゴールに吸い込まれた。

 同点で迎えた後半、大宮が逆転ゴールを奪う。52分、チョ・ヨンチョルのパスを受けた鈴木がゴールに迫る。川崎のディフェンス陣に阻まれ、シュートは打てなかったものの、こぼれ球に反応した長谷川悠が押し込んだ。逆転に成功し、ホームの大宮がペースを握るかに思われたが、川崎も意地を見せる。63分、中村のパスをペナルティエリア内で受けた大久保嘉人が左足でシュート。GK北野貴之が反応するも及ばず、試合を振り出しに戻した。

 さらに川崎は、後半終了間際に絶好のチャンスを得る。ペナルティエリア内で大宮の青木拓矢がハンドを犯し、PKを獲得。これをレナトがきっちり決め、勝ち越しに成功した。結局試合はそのまま終了。3-2で川崎が大宮を下している。

 勝利を収めた川崎は勝ち点を28に伸ばした。一方、敗れた大宮は今季初の連敗。勝ち点を積み上げることができず、サンフレッチェ広島にかわされ、2位でリーグ戦を折り返すこととなった。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA